スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆとりの郷 にいざ温泉

【温泉名】    ゆとりの郷 にいざ温泉
【分類】     日帰り温泉
【営業時間】   8時~25時(最終受付/24時)
【料金】     平日大人/1200円 小人/700円
         土日祝大人/1300円 小人/800円
         ●館内着・タオルセット付き
【泉質名】    ナトリウム-炭酸水素塩-塩化物温泉
         (低張性・弱アルカリ性・低温泉)
【源泉の温度】  26℃
【掘削深度】   地下1500m
【湧出量】    300L/min(動力揚湯)
【PH値】     8.0
【主な成分】   リチウムイオン/<0.1 ナトリウムイオン/707.8mg
         カリウムイオン/15.2mg アンモニウムイオン/0.8mg
         マグネシウムイオン/2.2mg カルシウムイオン/3.7mg
         ストロンチウムイオン/<0.1 バリウムイオ/<0.1
         アルミニウムイオン/<0.1 マンガンイオン/<0.1
         鉄(Ⅱ)イオン/2.9mg 鉄(Ⅲ)イオン/<0.1
         陽イオン計/732.5mg フッ化物イオン/0.4mg
         塩化物イオン/311mg 臭化物イオン/1.1mg
         ヨウ化物イオン/0.3mg 硫化水素イオン/<0.1
         硫黄イオン/<0.1 チオ硫酸イオン/<0.1
         硫酸イオン/0.4mg 炭酸水素イオン/1333mg
         炭酸イオン/10.1mg 陰イオン計/1656mg
         メタケイ酸/73mg メタホウ酸/13.4mg
         メタ亜ヒ酸/<0.1 遊離二酸化炭素/25.9mg
         遊離硫化水素/<0.1
         容存ガス成分総計/2.501g/kg
         蒸発残留物/1.842g/kg(110℃)

【湯の色】    濃茶褐色
【湯の臭い】   ほぼ無臭・弱モール臭
【湯の味】    無味
【肌ざわり】   ヌルヌル感
【浴槽】     加温・循環ろ過・消毒有

P1140869.jpg
P1140871.jpg

「ゆとりの郷にいざ温泉」へは志木街道の
「愛宕裏橋交差点」を大泉学園方面へ行くと
あり、関越自動車道沿いに位置しております

*新座市民総合体育館並びです

建屋前には大きな岩をくり抜いた看板が!

P1140867.jpg
P1140866.jpg

建屋裏手にある駐車場も広く145台まで駐車可能!
また送迎バスが、試験的に西武池袋線「清瀬駅」
から出ているそうです!

P1140868.jpg
P1140872.jpg

建屋入口を入り左側で靴を預け、右手に
ある受付で料金を支払います
ここで館内着とタオルセットを受取ます

P1140873.jpg

受付奥にはちょっとしたロビーとお土産処があります
訪問した時、七夕が近かった為、中央には短冊がありました

P1140875.jpg

受付前の通路を奥へ進んだ先がお食事処となり
浴室へはその手前にある階段を下がります!

*この施設は浴室が地下に造られております

P1140878.jpg

下へ降りると脇にはゲームコーナーがあります

P1140881.jpg
P1140904.jpg
P1140874.jpg

館内見取図!思ったより中は広々しております
食事付きの有料個室や女性限定プラン/
ナイトプランなど色々とありますね!

P1140880.jpg

浴室は地下の奥にあり、この通路を更に先へ進みます

P1140883.jpg
P1140903.jpg

地下には畳式やリクライニングシートがある
お休み処があり、湯あがり後もゆっくりと
出来そうですね!

P1140906.jpg
P1140885.jpg
P1140886.jpg

他にも漫画や雑誌が充実し、茶店も併設
しており、ちょっとした漫画喫茶的は感じですね!

P1140905.jpg

ヒーリングラウンジ(岩盤浴)もあります
こちらが入口です

*別料金/お1人様300円で利用可能

P1140884.jpg
P1140887.jpg

こちらが浴室入口、突きあたり右側が女性
左側が男性となります

P1140893.jpg

脱衣所内、ロッカーは特に決まってなく、鍵の
着いている所であればどこでも利用可です

P1140889.jpg
P1140894.jpg

脱衣所内壁面に掲出されている「温泉分析書」
と「にいざ温泉」についての説明書きです

温泉吸込口は地下1000m~1500mで地層名だと
三浦層群と都幾川層群との中間層だそうです

P1140902.jpg
P1140899.jpg

こちらが内湯メイン主浴槽となる「ゆとり湯」です
15人程入れる大きさで、周りは岩造りとなって
おります、地下にあるが、天井が三角の曇りガラス
使用となっており、外の光をうまく取り組んでいる
造りとなっております

P1140895.jpg
P1140900.jpg

こちらが、圧注湯と寝湯になります
こちらも温泉利用です

P1140897.jpg

こちらが季変湯となっており、私が訪問
した時は「ワイン風呂」でした、
通常時は、ミクロの気泡がはじける「絹の湯」
になっている事が多いです!

P1140908.jpg

浴槽内天井部分は三角形の曇りガラスとなっており
外の光を取り込んでいますが、
地上から見るとこんな感じです!

P1140907.jpg

ここは自宅から車で空いていれば40分程で到着する
所にあり、時折立ち寄っている場所です(*^_^*)


『私の評価』

お湯   ★★★★☆
施設   ★★★★☆
眺望   ★☆☆☆☆
雰囲気  ★★★☆☆
アクセス ★★☆☆☆

総合   ★★★☆☆

『感想』
ここは以前「にいざ温泉彩泉楼」として営業
していたが、2007年11月6日に閉店する事となり
その後、経営者が変わり、2010年/6月14日に
「ゆとりの郷にいざ温泉」としてオープンしました
基本的な造り/雰囲気は健康ランド的である、
以前は、利用料金の高さ等々で懸念されていたが、
現在は1200円で館内着・タオルセット付きで
施設内設備や温泉利用などをトータルすると
見合っている感じであります、
お湯は黒湯に近い茶褐色で、炭酸水素イオン含有量も
豊富に含まれるヌルヌル感あるお湯で
肌にまとわりつくようなまろやかなお湯であり
加温・循環ろ過・消毒有であるが、湯質は悪く
無く、浴室も地下に位置し、露天などは無いが、
天井から外の光を取り入れており、
中も意外と広々で、暗さや窮屈感は余り感じ
られず、むしろ開放的な印象さえ受けました!
ここの場所は利用料金が他と比較し高額で
露天も無いなどで、比較的に空いている事が
多いが、今回私が訪問した際は、後から続々と
入ってきて(18人)根強い人気を誇っていた
また湯あがり時、寛げるスペースも充実しており
ここへ訪れる際は1日/半日過ごすのが良い
私的には、大人の隠れ家的存在で、
気分転換や色々と考え事をしたい時など(笑)
ピッタリの施設であります(^-^)


ゆとりの郷にいざ温泉


大きな地図で見る





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラバジ♨

Author:ラバジ♨
温泉巡りや旅行が好きで色々な
所へ訪れ30年余り経ちました
今まで訪れた所/感じた事等々
気まぐれにアップして行きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
温泉

FC2Blog Ranking

温泉
CustomRssReader
Yahoo!ニュース・はてなブックマーク・ニコニコ動画、このプラグ イン作者からのブログ新着情報です!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
このブログ内の画像
ブログ内の画像を表示しております、 クリックするとその画像の記事が読めます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。