かんぽの宿 青梅

【温泉名】   かんぽの宿 青梅
【分類】    ホテル
【営業時間】  昼の部⇒11時30分~16時(最終受付/15時30分)
        夜の部⇒18時~21時(最終受付/20時30分)
【料金】    昼の部⇒大人/1000円 子供/500円(6歳~12歳)
        夜の部⇒大人/500円 子供/250円(6歳~12歳)
【泉質名】   アルカリ性単純温泉
        (低張性・アルカリ性・低温泉)
【源泉の温度】 25.1℃
【掘削深度】  -
【湧出量】   55L/min(掘削/動力揚湯)
【PH値】    10
【主な成分】  ナトリウムイオン/128.6mg カリウムイオン/<0.1
        アンモニウムイオン/0.5mg マグネシウムイオン/<0.1
        カルシウムイオン/1.3mg アルミニウムイオン/<0.1
        マンガン(Ⅱ)イオン・<0.1 鉄(Ⅱ)イオン/<0.1
        陽イオン計/130.4mg フッ化物イオン/12.3mg
        塩化物イオン/1.9mg 水酸化物イオン/1.7mg
        硫化水素/<0.1 硫酸イオン/0.3mg
        炭酸水素イオン/86mg 炭酸イオン/65.1mg
        メタケイ酸水素イオン/30.7mg メタホウ酸イオン/43.7mg
        陰イオン計/241.7mg 遊離二酸化炭素/<0.1
        遊離硫化水素/<0.1 成分総計/0.372g/kg
        蒸発残留物/0.387g/kg(110℃)

【湯の色】   無色透明
【湯の臭い】  無臭
【湯の味】   無味
【肌ざわり】  弱つるつる感
【浴槽】    加水)(朝一)・加温・循環ろ過装置・塩素系薬剤注入


P1140702.jpg
P1140674.jpg

ここへはJR青梅線「青梅駅」よりバス利用で約10分
車だと圏央道「日の出IC」から国道411号線
経由で約20分程で到着する
多摩川沿いに位置し景観は良好である

P1140672.jpg

駐車場は建屋前の道を挟んだ向かい側か、少し手前
にある所を利用する!

P1140675.jpg
P1140676.jpg

建屋正面入口と日帰り利用案内通常大人1000円と
なっているが、私が訪問した時は、
日帰り入浴半額デーなる日だったらしく
半額の500円で入浴出来ました(*^_^*)
嬉しい誤算!!!

毎月数回ある見たいなので、HPなど要チェックです!

P1140679.jpg
P1140680.jpg

中に入るとすぐにお土産販売などの売店があります
左側にフロントがあるので、そこで入浴代金を
支払い、横にあるエレベーターで浴室のある
7階へ上がります!

P1140698.jpg

ここはお風呂が最上階に位置し、その眺望の良さには
定評があります(^-^)

P1140683.jpg
P1140696.jpg

エレベーター降りて通路右側が男性/左側が女性浴室
となっております、通路からの眺望です!

P1140695.jpg
P1140690.jpg

浴室入口と脱衣所内です、上下2段式ロッカー
のいたってシンプルな造りです!

P1140685.jpg
P1140687.jpg
P1140694.jpg

脱衣所壁面に掲出されている「温泉分析表」
成分的にも非常にマイルドなお湯であります

P1140693.jpg

浴槽は内湯のみとなります、
右側が真湯利用の浴槽!
左側が温泉利用浴槽となっております

P1140691.jpg

浴槽内からの眺望です!
目の前に多摩川が流れ遠くに山々がある
眺めの良い眺望であります\(^o^)/

P1140699.jpg
P1140700.jpg

湯あがり時は2階にあるお食事処か大広間で
寛ぐ事も出来ます

P1140701.jpg

階段の踊り場にはこんなポスターがありました!!!

P1140677.jpg

ここ青梅には色々なミュージアムがあり、
お風呂と合わせてそれらを巡って見るの
も楽しいですね(^-^)


『私の評価』

お湯   ★★☆☆☆
施設   ★★★☆☆
眺望   ★★★★★
雰囲気  ★★☆☆☆
秘湯度  ★★☆☆☆

総合   ★★☆☆☆


『感想』
かんぽの宿は日本郵政㈱が展開する誰でも気軽に
利用出来る宿で、全国に68箇所あります、
ここ青梅は1972年オープンと古く周辺に石和/寄居
とかんぽの宿がありますが、ここが1番眺望が良く7階に
ある浴室からは多摩川の清流が拝め、見事な景観で
あります!お風呂は内湯のみのシンプルな造りでお湯は
無色透明無味無臭と大きな特徴は無く、循環ろ過
利用で7階迄ポンプアップしており、お湯の劣化
は否めないが、高PH値を誇り、弱つるつる感
や湯あがり時のスベスベ、さっぱり感は感じられる
利用客は地元のご年配の片が殆どで、平日でも
賑っている!ここは昔、湯色が白濁していたが、
現在は無償透明となっていた!
日帰り利用料金通常大人1000円と高額であるので
時折開催される半額デー(500円)を狙い訪問
して見るのが良いだろう!


かんぽの宿 青梅


大きな地図で見る

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラバジ♨

Author:ラバジ♨
温泉巡りや旅行が好きで色々な
所へ訪れ30年余り経ちました
今まで訪れた所/感じた事等々
気まぐれにアップして行きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
温泉

FC2Blog Ranking

温泉
CustomRssReader
Yahoo!ニュース・はてなブックマーク・ニコニコ動画、このプラグ イン作者からのブログ新着情報です!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
このブログ内の画像
ブログ内の画像を表示しております、 クリックするとその画像の記事が読めます!