川浦温泉 山県館

【温泉名】   川浦温泉 山県館
【分類】    旅館
【営業時間】  日帰り入浴/11時~15時(最終受付14時)
        ●混雑時は中止の場合あり
【料金】    大人/1500円 子供/800円
        ●宿泊/13500円~(各プランによって異なる)
【泉質名】   アルカリ性単純温泉
        (二本の源泉を所有)
        ①山県館1号(川浦之湯/低張性アルカリ性温泉)
        ②山県館2号(雷沢之湯/低張性アルカリ高温泉)
【源泉の温度】 ①41.2℃ ②43.2℃
【掘削深度】  -
【湧出量】   ①316L/min(掘削動力揚湯)
        ②990L/min(掘削動力揚湯)
【PH値】    ①9.5 ②9.6
【主な成分】  ①ナトリウムイオン/38.8mg カリウムイオン/1.1mg
         アンモニウムイオン/0.1mg マグネシウムイオン/0.4mg
         カルシウムイオン/15.2mg 陽イオン計/55.6mg
         フッ素イオン/0.6mg 塩素イオン/17.7mg
         硫酸イオン/62.9mg 炭酸水素イオン/11.9mg
         炭酸イオン/12.9mg メタホウ酸イオン/0.5mg
         水酸イオン/0.5mg 陰イオン計/107mg
         メタケイ酸/56.2mg 成分総計/0.2188g/kg
         蒸発残留物/0.2010g/kg(110℃)
        ②ナトリウムイオン/56.2mg カリウムイオン/1.2mg
         アンモニウムイオン/0.1mg カルシウムイオン/20.9mg
         陽イオン計/78.4mg フッ素イオン/0.7mg
         塩素イオン/17.2mg 硫化水素イオン/0.4mg
         硫酸イオン/112mg 炭酸イオン/15.6mg
         メタホウ酸イオン/0.6mg 水酸イオン/0.7mg
         陰イオン計/147.2mg メタケイ酸/51.8mg
         成分総計/0.2774g/kg
         蒸発残留物/0.2687g/kg(110℃)
【湯の色】    ①②無色透明
【湯の臭い】   ①無臭 ②弱硫化水素臭
【湯の味】    ①②無味
【肌ざわり】   つるつる感・さらさら感
【浴槽】     全ての浴槽で100%源泉掛け流し


P1140050.jpg

中央高速「勝沼IC」より約40分程、R140を雁坂トンネル
方面へ進むと「山県館」の全景が見えて来る

P1140053.jpg

昔は建屋前に駐車出来たが、今は日帰り入浴のお客様が
多くなり、国道沿いの第2Pへ駐車する

P1140054.jpg
P1140055.jpg

何やら歴史を綴った立て札を通り過ぎ到着
「建屋全景」 建屋左側に下の岩露天へ通じる
通路があり、昔はここから直接行く事が出来た

P1140056.jpg
P1140057.jpg

正面玄関を入ると受付ロビーがあるので
そこで日帰り入浴の申込をします
浴室は受付左側を進み階段で下に降り
ひたすら通路を進みます、
各所に案内表示があるので、迷わずに
辿り着けます(*^_^*)

1370578453213.jpg

正面玄関を入るといきなり
「日本温泉協会」の温泉利用証明が
掲出されてます

P1140119.jpg

館内は高級感漂う落着いた造りであります

P1140059.jpg
P1140061.jpg

上が大浴場「薬師之湯」下が「せせらぎ之湯」
宿泊者は24時間利用可
昼12時30分と夜21時に男女が入替ります

*日帰り入浴も昼前後を挟めば、両方に
入浴する事が出来ます(^-^)


P1140066.jpg
P1140096.jpg

せせらぎ之湯/隣には半露天になっている美肌の湯(下)
があります

P1140068.jpg
P1140097.jpg
P1140100.jpg
P1140099.jpg

せせらぎ之湯には川浦之湯源泉を使用
美肌之湯には雷沢之湯を使用しており、
美肌之湯(下)の注入口付近からは
僅かな硫黄臭が漂います

P1140095.jpg

ここの浴槽は全て100%源泉掛け流しと
なっております
せせらぎ之湯からも湯が良い感じで
オーバーフローしております

P1140109.jpg

ここのお湯は飲泉にも適しており、浴槽内には
飲泉場もあります

P1140092.jpg
P1140091.jpg

せせらぎ之湯の脱衣所!隣に畳式の素敵な
お休み処も完備されております、
薬師之湯にも同様な施設がありますが
こちらの方が浴槽は狭いが、広く
良い感じであり好きです

P1140108.jpg

湯あがり時には嬉しい、名水とお茶のサービス

P1140070.jpg
P1140083.jpg
P1140084.jpg

お休み処の壁面に各温泉分析書の掲出があります

P1140103.jpg
P1140063.jpg
P1140107.jpg
P1140101.jpg
P1140089.jpg

その他にも色々と認定書やら説明が!
山梨県内の温泉施設では恒例のT氏による
説明もあります

また「山県館」は温泉の本物志向が高まる中で
平成15年3月に「源泉湯宿を守る会」
平成15年5月には「温泉遺産を守る会」
より、五つ星としての宿認定を受けました\(^o^)/


P1140118.jpg

そしてこの「山県館」の名物風呂でもある
信玄公岩風呂「笛吹渓流雅之湯」へは
奥の扉を出て右がせせらぎ之湯となるが
左に進み、エレベーターで下へ降ります

P1140079.jpg
P1140080.jpg
P1140081.jpg

渓流風呂専用エレベーターを降り、更に下の
渓流へと下って行くと
「信玄公岩風呂」があります
雰囲気や眺望も素晴らしく、秘湯ムード
が漂っております(*^_^*)

P1140082.jpg

この右側が簡易脱衣所となっております
ここの露天は混浴となっており、以前は
男女共用の簡易脱衣所でしたが、
今は、この裏に女性専用の脱衣所が
設けてあります、

*夜明けから朝8時までは女性専用となります

P1140116.jpg

信玄公岩風呂全景

ここのお湯はぬる湯で、肌触りや感触も素晴らしく
何時までも浸かっていたくなるお湯であります・・・

P1140121.jpg
P1140122.jpg

正面玄関の対面にある、1号/2号源泉ポンプ
特に1号源泉は歴史が古く、1561年5月10日武田信玄公
の命により開発された42℃/530L/minの
高アルカリ性単純高温泉である

P1140112.jpg

高アルカリ性のお湯は素晴らしく良い湯あみ
をさせて頂きました(^-^)


『私の評価』

お湯   ★★★★★
私設   ★★★★★
眺望   ★★★★☆
雰囲気  ★★★★★
秘湯度  ★★★★☆

総合   ★★★★★

『私の評価』
この川浦温泉「山県館」の歴史は古く、創業は
安政3年(1856年)である、客室全37室のとても
高級感/清潔感溢れる素晴らしい旅館である
この山県館への私個人としての思い入れは
とても強く、昔、両親へ連れられて訪問した時に
そのお湯の素晴らしさに感激したのを良く覚えて
おり、その後、温泉へハマった(笑)きっかけとも
なった場所であります(^-^)
(湯質/好みなど、それぞれ個人差はありますが)
湯量/湯質/浴感/肌ざわりなど、どれも良く、何時までも
浸かっていたくなるようなお湯で、しかも高アルカリ
性ともあり、湯あがり後の肌はしっとり感・すべすべ
感が強く残り、特に女性には嬉しいお湯であります!
この山県館へは毎年の様に再訪しております
その昔、訪問した時の様なインパクトはありませんが
何時までも残し続けてほしい場所であります
日帰り入浴も良いですが、ここのお湯を思い切り
堪能するには、やはり宿泊利用がお薦めであります


川浦温泉 山県館


大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラバジ♨

Author:ラバジ♨
温泉巡りや旅行が好きで色々な
所へ訪れ30年余り経ちました
今まで訪れた所/感じた事等々
気まぐれにアップして行きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
温泉

FC2Blog Ranking

温泉
CustomRssReader
Yahoo!ニュース・はてなブックマーク・ニコニコ動画、このプラグ イン作者からのブログ新着情報です!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
このブログ内の画像
ブログ内の画像を表示しております、 クリックするとその画像の記事が読めます!