湯郷 白寿の湯

【温泉名】   湯郷 白寿の湯
【分類】    日帰り温泉
【営業時間】  10時~23時(最終受付/22時)
【料金】    大人/700円 子供/400円
        ●21時以降大人/390円
        ●平日18時以降大人/500円
【泉質名】   ナトリウム-塩化物強塩温泉
        (高張性・中性・高温泉)
【源泉の温度】 42℃
【掘削深度】  地下750m
【湧出量】   測定不能
【PH値】    6.9
【主な成分】  ナトリウムイオン/9691mg カリウムイオン/933.4mg
        アンモニウムイオン/51.8mg マグネシウムイオン/130.4mg
        カルシウムイオン/297mg アルミニウムイオン/0.3mg
        鉄(Ⅱ)イオン/3.8mg マンガンイオン/0.1mg
        陽イオン計/11110mg フッ素イオン/0.7mg
        塩素イオン/12650mg 臭素イオン/4.1mg
        ヨウ素イオン/4.0mg 硫化水素イオン/<0.1mg
        硫酸イオン/1277mg 炭酸水素イオン/5078mg
        炭酸イオン/1.5mg 陰イオン計/19050mg
        メタケイ酸/22.9mg メタホウ酸/866.7mg
        遊離二酸化炭素/443.6mg
        遊離硫化水素<0.1mg 成分総計/31.49g/kg
        蒸発残留物/28.13g/kg(110℃)
【湯の色】   赤茶褐色(薄緑褐色だったり、その日のコンディション
             にて変化あり)
【湯の臭い】  鉄分臭・弱金気臭・石灰臭
【湯の味】   塩味・鉄錆味・石灰味
【浴槽】    加水・加温・循環装置・塩素系薬剤使用

P1120962.jpg

「建屋全景」薄暗くて良く分かりませんが・・・

P1120959.jpg

建屋入口

P1120992.jpg

靴を預け、奥にある受付前の券売機で購入し
て受付へ!

P1120969.jpg

受付前にこじんまりとした券売機があり、
ここで入館料を支払います

P1120989.jpg

白寿の湯の特長や正しい入浴法の勧めなどが
記載されております

P1120970.jpg

通路を通り、奥にある浴室へ(2階になります)
途中お土産処があり、陶器類(コーヒーカップなど)
なども販売しております

P1120972.jpg
P1120971.jpg
P1120987.jpg

途中、お休み処やマッサージルームや
喫煙所などがあります!

P1120974.jpg

1階奥にあるお休み処、ここでは定期的に
ミニコンサートなども開催致しております!

P1120976.jpg

2階へ上がり、浴室へ!

P1120986.jpg
P1120985.jpg

脱衣所はカゴ利用と心配な方は、ロッカーも
ありますのでそちらを利用する形です

P1120982.jpg
P1120978.jpg

浴槽の利用状況と、「温泉分析書」
ナトリウムイオン/9691mg/塩素イオン/12650mg
含む、立派な強塩泉となります、

P1120991.jpg
P1120990.jpg

受付前にて、湯郷白寿の湯の入浴剤とタオル
が販売されております、
この泉質をご家庭のお風呂でも満喫したい方や
お土産に最適ですね!
私も購入させて頂きました(*^_^*)

P1120998.jpg
P1120996.jpg

帰りは、関越自動車道「花園IC」より帰る事に
しました、途中で「三芳PA」
(Pasar三芳が出来て綺麗になりましたね)
にてちょい遅めの夕食を食べる事に!
とてもインパクトある強塩泉に浸かった為、
ビールといきたかったですが・・・
車運転の為、グッとこらえ、生姜焼き定食を
食べて、ここのスマートインターチェンジ
から降りて帰路に着きました(*^_^*)


『私の評価』

お湯   ★★★★★
施設   ★★★★☆
眺望   ★★★★☆
雰囲気  ★★★☆☆

総合   ★★★★☆

『感想』
この施設は埼玉県内において、非常に突出した
お湯であり、関東圏においても非常に特徴的な
お湯である、以前は、神流川温泉白寿の湯として
2001年1月にオープンし2003年8月に一時期閉鎖
するも現在は経営母体が変わり(東日本温泉㈱
湯郷グループ)営業している、このあたりは、
近隣にある温泉施設でも湯質が事なるおもしろい
地域である!
ここは温泉通の間でも一目置かれており、リピーター
も多い施設です、
お湯は赤茶褐色だったが、季節や時期によって変化
する、泉質は強塩泉ではあるが、ガツンとくる
刺激などは無く非常に入り易いが、気を付け
ないと湯あたりを引き起こすケースがある為、
入浴方法には注意が必要!その見た目とは
裏腹に、湯あがりにはすべすべ感とポカポカ感が
持続する、圧巻なのは浴室へ入ると浴槽周りや床面に
成分の析出物が凄く、千枚田状態となっており
歩くと足踏み健康器の様であり(笑)
まさに芸術的な光景である!!!
ここの施設は過去に何度か湯使いが変更となっている
と思われるが、訪れた時は、
加水(成分総計が多く肌への刺激が強い為)
加温(源泉温度が低いので入浴に適した温度に保つ為)
循環装置(温泉資源保護と衛生管理の為)
消毒処理(埼玉県公衆浴場条例の衛星に関する基準を
満たす為)となっておりました、1番浴感が良かった
のは露天岩風呂の配湯管周りであり、ここの浴感は
素晴らしかった(*^_^*)
このレベルのお湯が都心より近場で満喫出来るので
あれば十分訪れる価値はある!


湯郷 白寿の湯


大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラバジ♨

Author:ラバジ♨
温泉巡りや旅行が好きで色々な
所へ訪れ30年余り経ちました
今まで訪れた所/感じた事等々
気まぐれにアップして行きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
温泉

FC2Blog Ranking

温泉
CustomRssReader
Yahoo!ニュース・はてなブックマーク・ニコニコ動画、このプラグ イン作者からのブログ新着情報です!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
このブログ内の画像
ブログ内の画像を表示しております、 クリックするとその画像の記事が読めます!