縄文天然温泉 志楽の湯

【温泉名】   縄文天然温泉 志楽の湯
【分類】    日帰り温泉
【営業時間】  10時~24時
        ●8月を除く毎月第3水曜日は15時~24時
        ●浴場/脱衣所利用は23時45分迄
【料金】    平日大人/850円 子供/510円
        土日祝大人/1000円 子供/690円
        平日深夜(22時30分~)大人/700円 子供/480円
【泉質名】   ナトリウム-塩化物強塩泉
        (中性・高張性・温泉)
【源泉の温度】  34.5℃
【掘削深度】  地下1300m
【湧出量】   56L/min(動力揚湯)
【PH値】    7.3
【主な成分】  リチウムイオン/0.87mg ナトリウムイオン/9410mg
        カリウムイオン/453.7mg アンモニウムイオン/146mg
        マグネシウムイオン/174.2mg カルシウムイオン/535mg
        ストロンチウムイオン/6.1mg バリウムイオン/1.6mg
        全鉄イオン/5.1mg アルミニウムイオン/0.18mg
        マンガンイオン/0.63mg 陽イオン計/10733.4mg
        フッ素イオン/0.21mg 塩素イオン/16490mg
        臭素イオン/79.4mg ヨウ素イオン/20.9mg
        硫酸イオン/0.39mg 炭酸水素イオン/413.3mg
        硝酸イオン/0.21mg 陰イオン計/17004.4mg
        メタケイ酸/134.7mg メタホウ酸/12.6mg
        遊離二酸化炭素/20.9mg
        成分総計/27.91g/kg
        蒸発残留物/29.59g/kg(110℃)
【湯の色】   薄茶褐色
【湯の臭い】  弱石油臭(内湯)土臭(露天)
【湯の味】   強塩味
【肌ざわり】  弱つるつる感・キシキシ感
【浴槽】    無加水・加温・循環ろ過

P1120772.jpg
P1120773.jpg

ここ「志楽の湯」へは今回で3度目の訪問!
今回は家族で、電車利用で訪れて見ました

P1120774.jpg

駅を降りてすぐ踏切を渡り線路際の道を
登戸方面へ戻ります

P1120775.jpg

途中で見つけた自販機!何と殆どが80円
しかも50円の飲料も!
温泉入浴前の水分補給は欠かせません
って事でここで購入です!!!

P1120776.jpg

線路際の道を進み突きあたりを右折し
400M程進むと左側に建屋があります

P1120778.jpg
P1120780.jpg

途中の道沿いにあった公園に少しだけ
寄り道!子供たちを遊ばせる事に~

P1120782.jpg

何だかんだで、ようやく、目的地である
「志楽の湯」到着です!

P1120784.jpg

建屋全景
周りを木々に囲まれており良く分かりませんが・・・

P1120786.jpg
P1120785.jpg

駐車場内に敷き詰められている
木くず!とても良い香りを放っておりました
以前はここは土砂だった為、飛散物防止の役割
にも役立っているようでした!

P1120787.jpg

正面左側にある建屋は、そば創作レストラン
「志楽亭」素材に拘った料理やお酒などが
楽しめます!

P1120788.jpg
P1120789.jpg
P1120790.jpg

建屋入口です

P1120792.jpg

靴を預け、受付カウンターへ(右側)

P1120800.jpg
P1120795.jpg

受付脇にはちょっとしたお土産処が
あり、変わった物が陳列されております、
初めて訪問した際、ここで
この木枠にメッセージが記入してある
物を私が「道」アントニオ猪木さんで
有名な・・・ 奥さんが「私の夢」を
購入してしまいました(笑)

P1120799.jpg
P1120798.jpg
P1120797.jpg

建屋内は雰囲気のある古木をふんだんに
使用しており、シックな雰囲気と
なっております、

P1120803.jpg

ちょっとした渡り廊下を通り浴室へ向かいます
突きあたり左側が女性 右側が男性!

P1120814.jpg

この突きあたり左側が男性

P1120812.jpg

「温泉分析表」
物凄い強塩泉となっております!

P1120816.jpg

湯あがりに、売店で美味しそうなおまんじゅうが
あった為、購入しました(*^_^*)

P1120817.jpg
P1120818.jpg

表に出るとすでに真っ暗となっておりました~
建屋前で記念撮影です(*^_^*)
体中ポカポカ感が持続しております

P1120822.jpg
P1120821.jpg

駅までの帰り道、帰宅してから何か食べようと
思っておりましたが、高張性の強塩泉に浸かった
せいか無性に喉が渇き、我慢出来ず
家族で「養老乃瀧」へ入ってしまいました~
志楽の湯に浸かった後のビールの味は
これまた格別でした~\(^o^)/


『私の評価』

お湯   ★★★★☆
施設   ★★★☆☆
眺望   ★★★☆☆
雰囲気  ★★★★★
アクセス ★★★★☆

総合   ★★★★☆

『感想』
この施設は2005年オープンである、ここは
出来た当社より、造りやお湯の評判が良く
2006年と2012年と2013年4月の今回で
3度目の訪問となった、今回は初めて子供を
連れて訪問して見ました、アクセスは車では
国道1号線都町交差点から300M程、電車利用
でもJR南武線「矢向駅」より徒歩7分程である、
私は今回含め過去3回すべて電車利用で訪問
させて頂きました、
この施設は大小の安山岩を縄文の里として
知られる八ヶ岳より260t運び込み、
野趣溢れる深い味わいのある各浴槽設計は
黒川温泉を再生させた事でも知られる
後藤 哲也氏による設計である、
温泉は内湯の大浴槽と(50人程は入れる)
露天で利用、無加水・加温。循環ろ過
利用となっている、浴室内に入ると、
浴槽まで10M程あり、洗い場横を
通るが、縄で模様を付けたという
石が敷き詰められており、足つぼ
マッサージにもなる、
浴感は弱いつるつる感やキシキシ感が
あり、インパクトある湯だが、
とてもなめらかな肌ざわりです!
以前に訪問した時よりも湯色が薄く
塩分も若干弱くなった感があり
ましたが、それでもパンチのきいた
お湯で存在感は十分ある!その他
味噌樽風呂などは塩素臭が否めな
かった、ここのお湯は高張性である
為、温泉成分が肌へ吸収されやすく
湯あたりを引き起こしやすい為
長湯は禁物であります、
それにしてもここまでの強塩泉は
神奈川県内でもトップクラスで
あると思われる!非常に落着いた
空間となっており、アクセスも
し易い為、何かの機会に1度訪れて
見てはいかかでしょうか(*^_^*)


縄文天然温泉 志楽の湯


大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ラバジ♨

Author:ラバジ♨
温泉巡りや旅行が好きで色々な
所へ訪れ30年余り経ちました
今まで訪れた所/感じた事等々
気まぐれにアップして行きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
温泉

FC2Blog Ranking

温泉
CustomRssReader
Yahoo!ニュース・はてなブックマーク・ニコニコ動画、このプラグ イン作者からのブログ新着情報です!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
このブログ内の画像
ブログ内の画像を表示しております、 クリックするとその画像の記事が読めます!