長野県

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 泡の湯旅館(07/14)
  3. 白骨温泉公共野天風呂(07/13)
  4. 上高地温泉ホテル(07/06)
  5. ホットプラザ浅間(12/08)
  6. 竜島温泉 せせらぎの湯(08/23)
次のページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泡の湯旅館

【温泉名】     泡の湯旅館
【分類】       旅館
【営業時間】    10時30分~13時30分(※14時には退館)
【料金】       大人/820円 小人/510円 3歳未満無料
【泉質名】      含硫黄-カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩温泉
            (低張性・中性・温泉)
【源泉の温度】    36.9℃
【掘削深度】     地下100M(掘削自噴)
【湧出量】      毎分1510L
【PH値】       6.4
【主な成分】     ナトリウムイオン/50.1mg カリウムイオン/16.2mg
            アンモニウムイオン/1.6mg マグネシウムイオン/90.9mg
            カルシウムイオン/173.6mg アルミニウムイオン/0.2mg
            マンガンイオン/0.3mg 陽イオン計/282.7mg
            フッ素イオン/0.4mg 塩素イオン/48.9mg
             硫化水素イオン/2.3mg 硫酸イオン/9.8mg
            炭酸水素イオン/774.3mg チオ硫酸イオン/0.8mg
            陰イオン計/836.5mg 
            メタケイ酸/32.3mg メタホウ酸/8.9mg
            遊離二酸化炭素/125mg 遊離硫化水素/10.5mg
            成分総計/1.295g/kg

【湯の色】      内湯/無色透明(条件により変化有り)
            内風呂露天・大露天風呂/乳白色
【湯の臭い】     硫化水素週
【湯の味】      殆んど無味
【肌ざわり】     柔らかい・弱つるつる感
【浴槽】       無加水・加温(内湯大以外全て)      
           源泉掛け流し

P1230320.jpg
P1230318.jpg

「泡の湯旅館」は白骨温泉を代表する
施設の一つである
ここの混浴大野天風呂は数々のポスター
やメディア等で掲載/紹介されている事
でも知られている

P1230321.jpg
P1230323.jpg
P1230322.jpg

大野天風呂は本館の方になる
本館裏手に日帰り入浴の入口
はあります

P1230324.jpg
P1230375.jpg
P1230376.jpg

こちらが受付!
ここで入浴代金を支払います

P1230328.jpg

新・泡の湯源泉の使われ方の図
が大きく掲示されていますね!
以前は無かったので一連の騒動後
に設置されたと思われます


P1230353.jpg
P1230354.jpg
P1230330.jpg
P1230358.jpg
P1230329.jpg

ここまで細かく詳細に利用状況が
開示されているのは良いですね(^^)

P1230327.jpg

「温泉分析書」も全部で3枚掲示されてます
(源泉・あったか湯・ぬる湯)

P1230343.jpg
P1230346.jpg
P1230347.jpg

浴室へはこの階段を上がりますが
その手前には飲泉場があるので
立寄って見ましょう・・・
ここのお湯は胃腸や糖尿などに
良いですよ(^^)

P1230325.jpg
P1230326.jpg

壁に掲出されていたポスター画像
この場所は四季折々
素敵な景色が楽しめます


『私の評価』

お湯   ★★★★★
施設   ★★★★☆
眺望   ★★★★☆
雰囲気  ★★★★★
秘湯度  ★★★★★

総合   ★★★★★


『感想』
3日浸かると3年長生き出来ると言われる
白骨温泉ですが、中でも
「泡の湯」は白骨温泉の名物的な場所
初めて来る方などはここが目的と言う方
も多いのでは、
露天の大野天風呂(混浴)が
有名で情緒ある雰囲気と乳白色のお湯
が寄り一層気分を高めてくれる
湯温も温めでゆっくりと浸かってられる 
のも嬉しい(^^)
男女とも内湯から大野天風呂に
出てくる形となります
泡の湯は大野天風呂が余りにも
有名だが、
特筆すべきはここの内湯である
殆んど無色透明のお湯であるが
湯の花が舞い、つるつる感ある
肌ざわりはまさに格別であり、
湯質の良さは断然内湯である
湧出時は元々透明だが
内湯へは毎分200Lと豊富な湯量が
注入されているからである
何度でも訪れ入りたくなるお湯です

※白骨温泉のお湯はサクセサリー類など
 は変色する可能性があるので
 外しましょう!


泡の湯旅館

















スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

白骨温泉公共野天風呂

【温泉名】     白骨温泉公共野天風呂
【分類】       公衆浴場
【営業時間】    10時~16時
【料金】      大人/510円 子供/300円
【泉質名】     カルシウム-炭酸水素塩温泉
           (中性低張性温泉)
【源泉の温度】   34.5℃
【湧出量】     -
【PH値】      6.78
【主な成分】    リチウムイオン/0.4mg ナトリウムイオン/61.3mg
          カリウムイオン/19.7mg マグネシウムイオン/35.4mg
          カルシウムイオン/176.7mg ストロンチウムイオン/0.3mg
          バリウムイオン/0.5mg マンガンイオン/0.3mg
          鉄(Ⅱ)イオン/0.1mg 陽イオン計/294.7mg
          フッ素イオン/0.5mg 塩素イオン/60.8mg
          硝酸イオン/0.4mg 硫化水素イオン/0.2mg
          硫酸イオン/71mg  炭酸水素イオン/709.2mg
          陰イオン計/842.1mg
          メタケイ酸/33.3mg メタホウ酸/5.4mg
          遊離二酸化炭素/191.8mg 遊離硫化水素/0.4mg
          成分総計/1368mg/kg

【湯の色】     白濁(条件によって異なる)
【湯の臭い】    硫黄臭・硫化水素臭
【湯の味】     苦味
【肌ざわり】    柔らかい
【浴槽】      加温・塩素系消毒・源泉掛け流し


P1230281.jpg
P1230282.jpg
P1230283.jpg
P1230284.jpg

白骨温泉の入口、公共駐車場前に
位置しており白骨温泉の象徴的な
場所である

P1230288.jpg
P1230289.jpg

門をくぐり階段をひたすら降ります
場所柄エレベーターなど無く
戻りもここを登らなければ
なりません(++)

それ位の苦労をしても
訪れる価値ある場所で
あります!!!

P1230290.jpg

こちらの券売機で購入し受付の方へ
チケットを手渡します

P1230300.jpg

脱衣所には貴重品ロッカー(リターン式)
も完備されているので貴重品は必ず
預けましょう!

P1230294.jpg
P1230298.jpg
P1230299.jpg

「温泉分析書」と「温泉利用状況」
白骨温泉の特徴は何と言っても
乳白色のお湯と肌あたりの優しい
抜群の湯質の良さですね~

「名湯認定書」に選出された際の
認定書が誇らしげに掲出されてます

P1230308.jpg
P1230311.jpg

ポスターの浴槽風景です!
ここの施設は雑誌/テレビ等々
数多く露出されているので

温泉に余り興味の無い方でも
目にした事がある方も多いと
思われます

P1230304.jpg

露天から直ぐ下は渓流となっており
野趣溢れる景観が楽しめます

P1230285.jpg

大自然を満喫し一時現実逃避した後は
またこの階段を登り一気に
現実に戻りました(^^)


『私の評価』

お湯   ★★★★★
施設   ★★★☆☆
眺望   ★★★★★
雰囲気  ★★★★☆
秘湯度  ★★★★☆

総合   ★★★★★


『感想』
白骨温泉公共野天風呂へは今回で
3回目の再訪となった
1番最初に訪れたのはもう30年以上も前
だろうか・・・
浴槽は露天1箇所のみであるが
硫黄臭漂うお湯が掛け流しで利用
されており、湯質・雰囲気も良く
何とも言えない贅沢な時間を
満喫出来る場所であります

また白骨温泉と言えば2004年6月に
週刊ポストの記事がきっかけとなり有名と
なった入浴剤問題が思い出される
元々は乳白色のお湯が売りであったが
一部で色が弱く白濁しなくなり
草津温泉の草津ハップなる入浴剤を
使用していたという物
私は2回目の訪問から1週間後にこの
騒動が勃発したので非常に印象深く
記憶している、
この後に次々と色々な問題が各地で
起こり結果的には2005年の温泉法改正
へと繋がった(温泉の利用形態を掲示
する義務が生じた)
最終的には全国の温泉を見直す良い
きっかけとなったのではと感じている
温泉は生き物である為、
気象・状況・条件に
よって異なるのでありのままの姿を
提供するのが良く、変化があるのも
また温泉の楽しみの一つでもあります

この様な問題が過去にあったものの
白骨温泉は個々の施設で自家源泉を
持っており施設によってまた違った
お湯を楽しめるのも魅力の一つ!
時間のある方は宿泊や湯巡り
して見るのも良いですね!
私も今までに新宅旅館・斉藤旅館
グランドホテル・泡の湯旅館と
宿泊利用した事がありますが
どこも違った魅力があり
何度も訪れたくなる温泉地です

白骨温泉公共野天風呂

















テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

上高地温泉ホテル

【温泉名】     上高地温泉ホテル
【分類】      ホテル
【営業時間】   ・7時~9時・12時30分~15時
【料金】      大人/800円(中学生以上)
           小人/400円 3歳未満/無料
【泉質名】     第1号源泉/第2号源泉
           ⇒単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
           第3源泉
           ⇒単純温泉(中性・低張性高温泉)
【源泉の温度】  ①42.4℃ ②73.1℃ ③45.2℃
【湧出量】     600ℓ/min
【PH値】      ①7.9 ②7.8 ③7.2
【主な成分】    リチウムイオン/①0.09mg②0.2mg③0.01mg
           ナトリウムイオン/①51.6mg②87.3mg③66.9mg
           カリウムイオン/①3.1mg②4mg③4.5mg
           マグネシウムイオン/①0.6mg②0.4mg③0.1mg
           カルシウムイオン/①11mg②17mg③1.6mg
           ストロンチウムイオン/①0.2mg②0.3mg③9.2mg
           バリウムイオン/③0.09mg アルミニウムイオン/③0.05mg
           鉄(Ⅱ)イオン/②0.07mg③0.4mg
           鉄(Ⅲ)イオン/②0.02mg③1.1mg
           陽イオン計/①66.6mg②109.3mg③84mg
           
           フッ化物イオン/①1.4mg②2.4mg③2.2mg
           塩素イオン/①115mg②25.6mg③16.8mg
           硫酸イオン/①43.1mg②75.9mg③56.3mg
           リン酸水素イオン/③4.6mg
           炭酸イオン/①91.4mg②135mg③115.2mg
           陰イオン計/①151mg②238.9mg③195.1mg
           
           メタケイ酸/①70.4mg②101.6mg③68.2mg
           メタホウ酸/①0.7mg②1.2mg③1mg
           遊離二酸化炭素/①8mg②9.7mg③13.9mg
     
           成分総計/①296.7mg/kg
                  ②460.7mg/kg
                  ③362.2mg/kg

【湯の色】     ①②/無色透明  ③/微黄白濁
【湯の臭い】    無臭
【湯の味】     ①②/無味 ③/鉄味 
【肌ざわり】    ①②/特徴無し ③/弱つるつる感
【浴槽】       自家源泉掛け流し

P1230212.jpg
P1230210.jpg
 
上高地は通年マイカー規制があり
訪れるには沢渡か平湯からシャトルバスかタクシー
電車では松本駅より松本電鉄上高地線に乗り換え
終点の「新島々駅」からバス利用で約90分程で到着
する、ここは日本でも有数な自然豊かな美しい場所
でもあり、近年外国人観光客の方も増加してます

そんな上高地の中でも立ち寄り入浴が出来る場所
の一つが「上高地温泉ホテル」である
場所は大正池と河童橋の間に位置してます


P1230182.jpg
P1230184.jpg
P1230183.jpg
P1230208.jpg

立ち寄り入浴可能時間が,タイトなので
事前に計画的にプランする事を
おすすめします

券売機でチケット購入し受付けの箱に
入れます


P1230187.jpg
P1230205.jpg

脱衣所内はカゴの為、貴重品などは
受付手前にあるロッカーへ入れましょう

P1230203.jpg
P1230204.jpg

浴槽は焼岳側の「焼の湯」と穂高連峰側の「梓の湯」
があり男女入替えで利用出来ます

ここは自家源泉を3つ有しており
①第1源泉⇒自然湧出 無色透明
②第2源泉⇒掘削    無色透明
③第3源泉⇒自然湧出 微黄白濁

①②が内湯/露天で ③は露天の樽風呂で
利用されてます

P1230179.jpg
P1230175.jpg
P1230174.jpg

ホテル横に以前は無かったが、2009年4月から
無料の足湯が併設されています

義援金箱が設置されているので
利用料金として、気持ち寄付
しておきましょう(^^)

P1230214.jpg
P1230215.jpg

上高地温泉ホテルの隣にはもう1箇所
上高地ルミエスタホテルがあり
こちらでも日帰り入力が出来ます
時間:11時~13時
ここも地下150Mから湧き出る自家源泉の
お湯が堪能出来ます
ここは源泉掛け流しの貸切風呂があり
(45分/1500円)
家族連れにはおすすめですね!

P1230053.jpg
P1230071.jpg

大正池で貸切ボートを利用しました(^^)
この美しい絶景は何時までも
後世に残して行きたいですね~

P1230112.jpg

観光客の多い上高地ですが
所々に熊目撃の看板が!
要注意ですよ(**)

P1230129.jpg
P1230138.jpg
P1230101.jpg
P1230156.jpg

上高地の絶景!
中々写真では伝わらないですが
素晴らしい場所です(^^)


『私の評価』

お湯   ★★★★★
施設   ★★★☆☆
眺望   ★★★★☆
雰囲気  ★★★★☆
秘湯度  ★★★★☆

総合   ★★★★☆

『感想』
ここ上高地へは2015年8月に訪問しており
この時が3回目の訪問となりました
今回は平湯バスターミナルから
バス利用で訪れ、大正池で下車しそこから
河童橋までハイキングしました!
繁忙期でもあり物凄い観光客で混雑しており
外国人観光客の方も急増してます

上高地は変らず素晴らしい景観であり
日本の自然の美しさを十分に
堪能出来る場所です

上高地温泉ホテルへは再訪でしたが
湯質は素晴らしく特に3号源泉が利用
されてる樽風呂は一見の価値あり!
露天は山側に位置しており目の前が
森になっており森林浴が満喫出来ます

場所柄、夜などは静寂に包まれ
満天の星空が拝めそうです
次回こそは宿泊利用するぞと
と強く思いながら帰路に着きました。

上高地温泉ホテル






              
           

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

ホットプラザ浅間

【温泉名】   ホットプラザ浅間
【分類】     日帰り温泉
【営業時間】  10時~24時(最終受付/23時)
         ※定休日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
【料金】    大人/650円 子供/350円
         小学生未満無料
【泉質名】   アルカリ性単純温泉
         (アルカリ性低張性高温泉)
【源泉の温度】 49.7度
【湧出量】    815L/min
【PH値】     8.9
【主な成分】  ナトリウムイオン/88.5mg カリウムイオン/1.6mg
         マグネシウムイオン/0.03mg カルシウムイオン/34.1mg
         ストロンチウムイオン/0.2mg アルミニウムイオン/0.01mg
         陽イオン計/124.4mg
         フッ素イオン/1.4mg  塩素イオン/33.7mg
         硫化水素イオン/0.33mg 硫酸イオン/197.5mg
         炭酸水素イオン/22.6mg 炭酸イオン/3mg
         陰イオン計/258.5mg
         メタケイ酸/38.5mg  メタホウ酸/0.8mg
         成分総計/422.3mg/kg
 
【湯の色】   無色透明
【湯の臭い】  塩素臭
【湯の味】   無味
【肌ざわり】  特徴無し(※弱サラサラ感)
【浴槽】    加水・加温・循環ろ過・塩素系消毒

P1230427.jpg
P1230429.jpg
    
こちらが建屋全景
長野自動車道「松本IC」下車またはJR「松本駅」
から浅間温泉行きのバス共に約20分程で到着

P1230432.jpg
P1230434.jpg

営業案内と館内図です

P1230435.jpg
P1230436.jpg

場所柄、松本山雅FCの選手たちも多数
訪れてる見たいですね(^^)
ちょっとした記念館のようです・・・

P1230433.jpg
P1230437.jpg

こちらが浴室入口です

P1230438.jpg
P1230439.jpg

「温泉分析書」と「温泉利用状況」

P1230431.jpg

今回は家族で近くにある「アルプス公園」で遊んだ
帰りの訪問でした、
ビールでも飲みながらもっとゆっくりと
したかったが、これから東京まで運転
して帰るので家までお預けです(;;)

P1230426.jpg

当初はこちら「枇杷の湯」へ訪問と思って
おりましたが、痛恨の定休日(**)
やってしまいました~

次回へのお預けです・・・

『私の評価』

お湯   ★★☆☆☆
施設   ★★★☆☆
眺望   ★★☆☆☆
雰囲気  ★★★☆☆
秘湯度  ★☆☆☆☆

総合   ★★☆☆☆

『感想』
この浅間温泉には何かと縁があり
何度か訪れている
以前宿泊させて頂いた際は
「ホテル玉の湯」さんにお世話になった
施設・お湯ととても良く個人的には
良く合う湯質である、
そんな事もあり、今回は奥飛騨の
湯巡り帰りの上がり湯として
浅間温泉に立寄って見ました
こちらの「ホットプラザ浅間」さんは
以前から知っていたが今回が初訪問!
浅間温泉は湯量が豊富と言う点を
売りにしてた部分もありますが
こちらの施設では源泉の量が少ない為
加水をしているそうです
内湯・露天共に塩素臭が強い点が
気になりました、
近隣には松本城初めアルプス公園
など見所も多くそれらと絡めて来る
のが良いかもしれません!

ホットプラザ浅間




テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

竜島温泉 せせらぎの湯

【温泉名】     竜島温泉 せせらぎの湯
【分類】      日帰り温泉施設
【営業時間】   10時~22時(最終受付/21時)
           ※毎週月曜が休館日(祝日の場合は翌火曜)
※年末年始(12/31~1/1)
【料金】      大人/510円  小人/250円
【泉質名】     アルカリ性単純温泉
           (低張性アルカリ性温泉)
【源泉の温度】  40.3℃
【PH値】      9.0
【主な成分】   リチウムイオン/0.1mg  ナトリウムイオン/141.6mg
           カリウムイオン/1.0mg  アンモニウムイオン/0.2mg
           カルシウムイオン/2.4mg ストロンチウムイオン/0.1mg
           陽イオン計/145.4mg
           フッ素イオン/21.4mg  塩化物イオン/15.9mg
           水酸イオン/0.2mg  硫化水素イオン/0.7mg
           硫酸イオン/46.1mg  炭酸水素イオン/210.5mg
           炭酸イオン/18mg   陰イオン計/312.8mg
           メタケイ酸/29.4mg   メタホウ酸/2.4mg
           成分総計/0.49g/kg

【湯の色】     無色透明
【湯の臭い】   弱硫化水素臭
【湯の味】     弱硫黄味
【肌ざわり】   ツルツル感
【浴槽】      無化水・加温・循環ろ過・塩素系消毒
          露天(源泉掛け流し)
           内湯(源泉掛け流し・循環併用)
   

P1220689.jpg
P1220690.jpg

こちらが施設全景となります!

長野自動車道「松本IC」からR158号線を
ひたすら上高地方面へ進み
松本電鉄の「新島々駅」を越えて
約5分程進んだ所を左折します
(注)案内看板があるが、見落としがち
  カーナビ設定してもR158沿いに
  案内される事もありますが
  川の向こう側となります
※私も訪問時は通り過ぎました(**)

P1220686.jpg
P1220687.jpg
P1220688.jpg

こちらの施設は駐車場脇に
「温泉スタンド」併設しており
10ℓにつき10円で購入出来ます

P1220694.jpg

こちらが温泉分析書となります
ここのお湯はアルカリ性で
ツルツル感があり、肌にまとわり
つくようなすべすべになる湯です

P1220701.jpg
P1220704.jpg

中にはお食事処や大広間の休憩室
などもあります

P1220705.jpg

湯上りのコーヒー牛乳も良いですが
八ヶ岳牛乳に惹かれました(^^)
美味しかったです・・・

P1220707.jpg

奥飛騨に向かう途中で何気なく
立寄った施設でしたが
お湯も素晴らしく満喫させて
頂きました!

『私の評価』

お湯   ★★★★★
施設   ★★★★☆
眺望   ★★★★★
雰囲気  ★★★★☆
秘湯度  ★★★★☆

総合   ★★★★★

『感想』
この施設は以前より気になっていた
施設、近くを通る度に行こうと
思っていたが中々チャンスが無く
2015年8月奥飛騨に向かう途中で
立ち寄って見た
施設としてはこじんまりとした印象
地元の方などの交流施設の場
として利用されている
温泉はアルカリ性単純温泉で
個人的にも好みの湯質
毎日でも浸かりたい(^^)
湯は源泉100%使用しており
内湯は源泉掛け流しと循環併用
浴槽内底からバブルが出ている
湯温は熱めに設定
露天は源泉掛け流しで、檜浴槽
4人程が浸かれる狭い
造りである、こちらはややぬるめで
浸かり易く山/森の景観も良い
また露天の床や浴槽内は成分で
非常に滑り易くなっているので
注意が必要!!!
訪れる際は何気に曲がる所を
間違えずにしたい(^-^)

竜島温泉せせらぎの湯


テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

プロフィール

ラバジ♨

Author:ラバジ♨
温泉巡りや旅行が好きで色々な
所へ訪れ30年余り経ちました
今まで訪れた所/感じた事等々
気まぐれにアップして行きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
温泉

FC2Blog Ranking

温泉
CustomRssReader
Yahoo!ニュース・はてなブックマーク・ニコニコ動画、このプラグ イン作者からのブログ新着情報です!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
このブログ内の画像
ブログ内の画像を表示しております、 クリックするとその画像の記事が読めます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。